Payday Loans

六本木クロッシング2007。

- || -

2004より目新しくなかったのは時代背景なのかなぁ。メディアアートはWeb上で[引っ張る]とスクリプトにホウセツされた感があって、(全般的にネットに持ってかれたというか)実体として体験経験できる何かが展示されうる意味を持ったという感じがした。例えば原寸大だとか、直筆だとか、美術館に展示されている事自体が意味を成すというか。かつてとは明らかに観る作法が変化したんだと思う。3年後に期待。ロラン・バルト読もう。
07120300

こんなエントリもどうぞ。

  1. 石田徹也さんの遺作集。
Comments (0)

0 Comments »

コメントする

CAPTCHA