Payday Loans

禁煙セラピーを読んだ話。

- || -
読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)

アレン・カー
ロングセラーズ
売り上げランキング: 261
おすすめ度の平均: 4.5

5 斬新な視点から喫煙をみる
5 禁煙登山は自分が作ったまやかし
2 感覚が違う?
5 スーッと楽になった
5 5年越しで

これは本格的に禁煙を始める3ヶ月くらい前に読んでいた本で、
要約するとタバコは気の持ちようで吸いたくも吸いたくなくもなるよね、
ということが延々書かれている本だった。
すごく有名で効果があるらしいけれども。
ただまぁ、
それというのは心頭滅却すれば火もまた涼しいのであって正しいと思うのだが、
そこでちゃんと涼しくなる人とならない人が間違いなくいたり、
自己暗示が必要な火渡りの際に火傷する人としない人がいるような塩梅で、
結構な割合でどう気を持ってもタバコは吸いたい人もいるのだろうなーと思っていた。
これは悪魔の証明っぽいんだけど、
当人が何によって吸いたいと思わされているかに関わらず、
「本気で辞めたいと思っていないから吸いたいと思うのだ」
というのは辞められない理由にならない。
それって、
「お前は神の存在を信じていないから神が見えないのだ」
に似ている。
あ、でホントに辞めたいんだったらガムとパッチを試したことがないからわからんが、チャンピックスはマジで辞められると思う。

こんなエントリもどうぞ。

  1. 日本を降りる若者たちを読んだ。
  2. デザインするな―ドラフト代表・宮田識を読んだ。
  3. Web屋の本。
  4. ディアスポラ。
  5. 中原昌也。
Comments (0)

0 Comments »

コメントする

CAPTCHA