Payday Loans

【1101インド】2日目 チェンナイ。

- || -

翌朝は取り敢えず朝食を、ということでジャブがてら外に出てみる。
宿直(てかマスターなのかな)が笑顔でよく眠れたかい?と声をかけてくれる。
お礼を言って外に出る。思った以上に暑い!
そして車のクラクションがうるさい。運転は荒い。信号なんかねーし。
この辺はマラケシュで慣れていたから大丈夫だったけど、インドのほうが激しいかな。
近くの定食屋みたいな所で現地人に混ざってマサラドーサを頂く。
地元民の至近距離からのガン見。ものすっごいガン見。
お水も出してくれたんだが味見したところ非常に金属的な風味だったのでちょっと遠慮した。マサラドーサはパリパリのクレープ生地みたいなものにカレーで味付けしたマッシュポテトを包んであるスナックで30円くらい。これに豆カレーのセット。
揚げたてで本当にウマい。
食事を済ませて近くの売店で炭酸飲料を購入。ペプシのペットボトルで60円くらい。

一旦宿に戻ってからいざ出発。
近くの薬局で一応現地の下痢止めを買っておく。処方箋なしで完璧に処方薬が買える。しかもすんごい安い。250円くらい。
翌日は空港まで電車で戻るつもりなのでエグモア駅を調査(したが結局自分らの乗るべき電車の所在も方法も分からず)し、駅前で売ってた謎のトウキビ磨り潰しドリンクのようなもの補給しつつ、新市街方面にひたすら散歩。
少し外れるととたんに側道に半屋外生活をしている家族群の集落があったりで、いきなり子供にそのペプシを飲ませてくれとかお金くれとか言い寄られる。大丈夫かなぁと思ったけども、まあ、大丈夫だろうということでどんどん歩く。
途中から線路沿いに歩くので目印となる駅に少し立ち寄る。駅前がちょっとしたバザールになっていたので、持ってくるのを忘れてしまった時計をバッタもんの露天をみつけ、ぱっとみどう見ても本物なカシオのデジタル時計を300円でゲット。長さを調整してもらいがてら、ちゃっかりオンタイム?と聞いたら黙々と時刻も合わせてくれた。案外インド人いい奴じゃん。そこから線路沿いにリバー駅方面にせっせと歩く。途中ココナッツジュース(実をナタで割って出す奴)のチャリ屋台があったので飲む。現地人も何人か。飲み終わると実を更に割ってくれて、内側の柔らかい部分を現地人食っていたのだが、えんぞうが飲み終わる前におっさん片付けを済ませてしまってたので賞味できず。ちなみにジュース自体は甘くないスポドリみたいな感じ。

昼近くなってくると日本の真夏並みに暑い。
新市街近くのバスロータリーでビリヤニを食い、サモサをほうばって、出発しようとするものの熱にやられた妻がSOSを発したため、カフェに入って適当なスイーツを4つとラッシーを頼む。スイーツは5分くらいで出てきたが、ラッシーはなんか30分くらい掛かってた。
元気を取り戻して今度はベンガル湾を見に歩く。やっぱり貧民ゾーンがあって、子どもが写真を撮ってくれと集まってくる。撮ると請求してくるんだけどね。直截「パイサパイサ」という子も居たけど、まあ、写真を撮って更になにもやらなかった。彼らも本当にお金が欲しいというよりは興味本位で話しかけてきている感じで、途中まで付いてくる。英語が話せない子が多いみたいで、カタコトで名前を聞いてきたりする。握手を求めてきたり、物乞いというか遊ばれている感じ。凄いかわいい。

大きめな川を渡ると浜が見える。遠目からでもわかる浜辺に大量の人影。
近づくとますます大量。ものすごい数のインド人が土っぽい浜辺に湧いている。
ていうかこんなに大量のインド人どこから湧いてくるんだというくらいいる。旅行者ゼロ。僕らだけ。だからものすごいガン見。
浜辺でみんな何をするというでもなく男だけ数人で横並びに海を眺めたり、家族で砂遊びをしたり。奥のほうでは露天や簡易遊具みたいなものも出ていてムチャクチャ現地人で賑わっている。なんか売りつけたりタカられたりするのかなあと思ってたけど全然なくて、子供に手を振られたり握手を求められたり、変な感じ。むしろなんか歓迎されてる感じ。

脇の公園で小休止をとってから、今度はカーパーレーシュワラ寺院まで歩く。信者じゃないと中に入れないらしいんだけど、外周を観て満足。ちょっと参道に入ってみたらやっぱおん出された。気になったのは寺院の外装がカラフルじゃなかったこと。衣装替え!?日も傾いてきたのでリクシャーを捕まえて、チェンナイ最大?のスペンサープラザというショピングセンターに遊びにいく。
この施設も非常に警戒が厳重で入り口に金属探知機と警察がいる。
中は暗く土っぽい感じ。中野ブロードウェイみたいなかんじなの。客引きはこっちのほうがうざい。面積的にはららぽーと船橋くらいかなあ。いろいろ観て回って、この施設内にあるわりと有名なレストランで極上セットみたいなものを220円で食べる。
翌日は移動もあるということでタクシーで宿まで戻る。

画像 122

画像 077

画像 079

画像 082

画像 083

画像 098

画像 114

画像 129

画像 133

画像 134

画像 153

画像 166

画像 167

画像 177

画像 188

こんなエントリもどうぞ。

  1. 【1101インド】0日目。
  2. 【1101インド】1日目。
  3. 【1001ロンドン】1日目 成田→ロンドン
  4. 長崎の夜景(携帯がどこまで頑張るか編)。
  5. 【1001ロンドン】11~12日目 ロンドン→成田。
Comments (0)

0 Comments »

コメントする

CAPTCHA