Payday Loans

【1101インド】3日目 チェンナイ→バラナシ(前編)。

- || -

【1101インド】3日目 チェンナイ→バラナシ(前編)
6時には起きてホテルをチェックアウト。ホントは3時間オーバーしてたんだけど、好意でちゃらにしてもらえた。まだ暗い中、飲食関連の店舗は空いていたので軽く買い食いする。エグモア駅で昨日分からなかった乗り場を窓口で確認して移動。切符は要らないのか?と訊ねるとホームで売ってるというので捜すがそんなものはない。そのうち列車が来てしまい、バクシーシを要求する聖人や老人を見ているうちに気がつけば空港駅。でここも改札がない。結局タダ乗り。噂によるとバレた場合3万円の罰金なんだらしいのだが。。。
で空港へ。さっさかチェックインして保安検査に掛かる。ここはインド何故か先進的で男女別にゲートが分かれている。担当者も男性なら男性、女性なら女性。

ほんでえんぞうの方で食らった。まず例によって電池。現地の売店で買ったガムテープ。spitfireの高級ライター。それぞれ説明したところ、ライターは見つかると実際100パー持っていけないのだが、わざわざガスを抜いてくれて返してくれた。どういうわけかガムテープは没収。
ホッとしていたのもつかの間、チェンナイからバラナシの直便がなく、コルカタで乗り換えだったのでもしや・・・とモヤモヤしながら爆睡。
もちろんインドだから定刻につくはずもなく、悠長にコルカタ空港の外で一服していたら、
ゲートクローズまであと数分ということに気が付き、超急いで再度保安検査に並ぶ。衝撃的な迄の行列だったので、その辺の係員を捕まえて時間がないと喚くと、親切なインド人がこの列抜かして最前列行って保安官に言え、とアドバイスしてくれる。
そのようにしたところすぐに対応してくれたのだが、やっぱしここで引っかかる。

電池とライター。

ライターはガスが無いことを見せたが結局没収。電池は別にいらなかったんだけどムカツイていたので「カメラの電池だよ頼むよ」と言ったら「次からは手荷物に入れるんだぞ」と言って返してくれた。案外交渉してみるもの。しかしライターは3,000円だっただけに口惜しい。。。
ほんでもってバラナシ空港に到着。比較的できたばっかりっぽい空港でものすごい綺麗。ただし人はまばら。
外に出るとプリペイドタクシーの営業がガンガン。

シャトルバスがあるというのでバスで行く、と断り続けていたものの、一向にシャトルバスは来ない。プリペイドタクシーの人は「無くなったよバスは」と言っているし、空港の人も要領を得ない回答なので、しょうがないからタクシーに乗る。
まぁ30~40分くらいで900円くらいだからどうなんだろうなあ。

画像 191

画像 198

画像 202

画像 209

画像 213

こんなエントリもどうぞ。

  1. 【1101インド】2日目 チェンナイ。
  2. 【1101インド】0日目。
  3. 【1101インド】1日目。
  4. 【1001ロンドン】1日目 成田→ロンドン
  5. [0901ロンドン]ムイカメ・ダブリン二日目。
Comments (0)

0 Comments »

コメントする

CAPTCHA