Payday Loans

なんかmacSafari1.0.3 v85.8.1でフロートがクリアされない。

- || -

原因不明なほどスキル不足なので誰か助けてくださいw

無駄なdiv style=”clear: both;”入れまくり。

www.dj-enzo.net/text/

表題ブラウザで閲覧するとどういうわけかdiv id=”stc”の上でdiv id=”container”のボーダーが閉じられちゃうDEATH。

ハアン。ソースがズタズタになってゆくよ。

powered by performancing firefox( performancing.com/firefox )

Comments (0)

ディアスポラ。

- || -

前にも書いたけどグレッグ・イーガン非常に素晴らしい。

自分が文系に生まれ付いた事を呪ってばっかりだ。

表題ディアスポラ、これまた良すぎる。

攻殻機動隊の10世紀くらい後の文明水準だ。何しろ人間の標準がソフトウェアってのがいい。

※そんだけ発達しておきながら各位の行為がプリミティブな感情に支配されているあたり、諸矛盾が生じているはずだがあんまり触れてないのもいい。

肉体がハードウェアなんじゃんか、と言う発想は新しくもない。

かくいう円蔵も中学生あたりからそういう認識でいた。

学生のときにリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読んで、

ますます想いを強くしたもんである。

但しこの頃の認識は意識が遺伝子にスレーブしている図が優勢だったのだが、

ややあってコペルニクス的転換が訪れる。

続きを読む »

Comments (0)

ロボットミュージアム。

- || -

名古屋ついでに栄で発見したロボットミュージアム。

SWとかエイリアンとか宇宙食とかアマダナとかおしゃれ文具とかぜんぜんロボじゃねーガジェットも販売されてんだけど、(大変な)趣味の範疇なので垂涎してきた。

ミュージアム区画とショップ区画があって、

前者は拝観料をとられる。(並べば)セグウェイ( www.segwayjapan.net/index.php )試乗も可能らしい。

何が陳列されてるのか面倒で見てこなかったけどw

ショップ区画で1-2時間は見てられるからなー。

robo420.ocnk.net/( robo420.ocnk.net/ )の辺りで陳列内容確認可能。

続きを読む »

Comments (0)

シャア専用ザクの髭剃り。

- || -

東海道線の藤沢駅ホームで、

「オヤジのT字でマユ毛剃ったらシャープなんだけど剃りすぎちゃってさぁ~」

と汚らしい女子高生が、

彼女同様に若しくはそれ以上に汚らしい女子高生の仲間たちをの笑いをとっているのが目に付いて、

仄かな殺意を抱いた受験生時代を想起して、

そういう土人系の女子高生をとんと見掛なくなって久しいなぁと感慨に耽った。

T字と言えばずっとSchickだった。

それこそ親父のお下がりで貰ったトリプルエッジ( www.schick-jp.com/mens/products/tripleedge.html )を愛用して以来ずっとShickを通してきて、

一度Gilletteのアクタスプラス( www.gillette-jp.com/men/se_actus.html )に浮気した事があるのだが、

やっぱり刃が曲がるのと曲がらないのとでは使用感が全く違う。

「曲がる未来型3枚刃」のSchickはマスターピースだと再認識したものだ。

因みに後者は2枚刃だった。

しかし先日、ふと貝印のシャア専用ザクT字( www.kai-group.com/campaign/archive/kai_gundam3/index.html )を見掛て購入してしまった。

赤・黒・白といえばナチの象徴でもあるほか、この品は4枚刃で円蔵未踏だったし、

シャア専用ザク替刃&ホルダーストッカー(吸盤付き)がセットになっているので大変にお買い得だ。

それならば買うのがヒトの性というもの、と多くが賛同するに違いない。

しかし、

翌朝浴槽で気が付いたのだが、この刃も曲がらなかった。

続きを読む »

Comments (0)

名古屋面白かったなー。

- || -

07050600今朝AM5:30に新宿駅西口に叩き落されたよ。

深夜バスって激しいんだね。

メインの工場撮影は第一コンビナートと第二コンビナートを中心に、

※↑右に出っ張ってる半島に侵入して、私有地境界まで撮影できた。

一番近撮できるエリアらしいよ。第一コンビナート。

続きを読む »

Comments (0)

工場萌え。

- || -

工場が死ぬほど好きなので、明日から四日市に工場を撮りに出掛けてきます。

※廃墟も好きですが工場程ではないです。最近またキてる感じがするけども。軍艦島にだけは行ってみたい。

工場筋では工場萌えな日々( d.hatena.ne.jp/wami/ )が国内最狂。写真集もDVDも相当美麗。

続きを読む »

Comments (0)

パラダイス・ナウと死生観。

- || -

パラダイス・ナウ( www.uplink.co.jp/paradisenow/ )を鑑賞したので、そのうち感想文でも書こうと思ってたら、

訃報が続いたのでこのタイミングに。

この映画は占領下でおよそ文化的でない生い立ちを強いられた若者が自爆テロにアサインされてから実行までの48時間を比較的ドラマチックに描いた青春映画だと円蔵は認識しているが、

自爆テロルで直接絡みの無い占領国の人々を巻き添えに飛び散る事の正当性はパレスチナの過激派が原理としている経典でいうところの神に全面委託しているために漠然としがちなのだが、

「みんなが飛び込んでいるからお前も飛び込め」に近く、「紳士だから飛び込め」にも近いようでいて、

飛び散る建前での「天国に行ける」とか「英雄の家族の生活は保障される」とか、その辺飛び散る本人はどうとも思っちゃいねーんじゃねーか、と思える節が多い。

もはや死ぬべきときが向こうから来たので飛び散りました、とか、

飛び散るから飛び散りました、に近い感覚だと思う。

死んでも何の解決にもならないと誰かは追悼エントリで書いていたけれど、

死のうが生きようが何の解決にもならないことのほうが多分多いんではないか。

解決できるかもしれないと期待するから生きる向きが多いというだけで、

別に解決しようとすら思わないで飛び散る日常もあるんだと、

そういうことがわかる映画。

続きを読む »

Comments (0)